セール品 キューティー ブロンド〈特別編〉 DVD 無料配達

キューティー・ブロンド〈特別編〉 [DVD]

セール品 キューティー ブロンド〈特別編〉 DVD 222円 キューティー・ブロンド〈特別編〉 [DVD] DVD 外国映画 コメディ /cancerism96679.html,222円,frankkphotography.com,[DVD],DVD , 外国映画 , コメディ,キューティー・ブロンド〈特別編〉 222円 キューティー・ブロンド〈特別編〉 [DVD] DVD 外国映画 コメディ /cancerism96679.html,222円,frankkphotography.com,[DVD],DVD , 外国映画 , コメディ,キューティー・ブロンド〈特別編〉 セール品 キューティー ブロンド〈特別編〉 DVD

222円

キューティー・ブロンド〈特別編〉 [DVD]

商品紹介

全米初登場第1位の大ヒット・コメディ!
リーズ・ウィザースプーンのキュートな魅力全開!



エル・ウッズ…リーズ・ウィザースプーン(松本梨香)
エメット…ルーク・ウィルソン(内田直哉)
ヴィヴィアン…セルマ・ブレア(岡 寛恵)
ワーナー…マシュー・デイビス(川島得愛)

監督:ロバート・ルケティック
製作:マーク・プラット
原作:アマンダ・ブラウン
脚本:カレン・マックラー・ラッツ/キルステン・スミス

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:渡辺ひとみ


美容とファッションにかけては超イケてる、ベルエア育ちの天然ブロンド娘エル。ところが政治家志望のBFワーナーから「ブロンドすぎて議員の妻向きじゃない」とあっさり振られてしまった。しかしエルは、持ち前のポジティブ思考を発揮し猛勉強、彼を追いかけて名門ハーバード大の法学部に見事合格する。知的な女性に変身し、彼のハートを取り戻す作戦だ。けれど、質実剛健を旨とする東海岸の人々の考え方や習慣はエルとことごとく対立、授業の第一日目から意地悪な教授やクラスメートからいびられて大ピンチ!


●主演は「メラニーが行く』そして第2弾でももちろん出演したリーズ・ウィザースプーン。
●陽気で派手好きなブロンド美女が、めげずに目標に向かって頑張る、元気いっぱいのポジティヴ・ムービー!
●2002年MTVアワード最優秀主演コメディ賞受賞
●5.1chサラウンド/スクイーズ収録/日本語吹替音声収録/ピクチャー・ディスク


●音声解説(1):リーズ・ウィザースプーン、監督、製作
●音声解説(2):撮影、プロダクション・デザイン、衣装デザイン、アニマル・トレーナー、脚本
●未公開シーン集
●『キューティ・ブロンド』の舞台裏
●メイキング・オブ・"ブロンド・ヘア"
●ミュージック・クリップ:"Perfect Day" by Hoku
●オリジナル劇場予告編

Amazonより

   西海岸の社交界のアイドルのエルは、政治家を目指す恋人から「ブロンドは政治家の妻にふさわしくない」とフラれてしまう。彼女は、彼にふさわしい女になろうと、彼の通うロー・スクールに通うことになるが、そこで悪戦苦闘するハメに…。
   元彼を取り戻す目的で入ったロー・スクールで、人生の転機を迎え、弁護士として自立していくヒロインは、どんなにイジワルされても決して人を憎まず、いじけず、スルリと笑顔でかわす。ちょっとすっとんきょうだが、心やさしいエルが最高にカワイイ。リーズ・ウィザースプーンが天真爛漫なヒロインを明るくチャーミングに演じ、好感度大。彼女が、ロー・スクールでは浮きまくりの派手派手ファッションでキャンパスを闊歩(かっぽ)する姿は爽快! まさにギャル応援歌ともいうべき青春コメディーの傑作だ。(斎藤 香)

続きを見る

キューティー・ブロンド〈特別編〉 [DVD]

主人公は外見が華やかでブロンドだからと上流階級出身のワーナーから振られますが、すごく良い子で努力家。元々オールAと頭が良いので興味のあったファッションから法律と言う別世界に行ってもそこでも頑張る。観ていて気持ちが良いのは、主人公がすごく良い子だからが一つ目。元彼のワーナーの婚約者の悪口は言うけど容姿をけなしたりはしない。主人公は『人として言ってはいけない事』をきちんとわかっている思い遣りのある子。とにかく優しい。ネイリストの女性と仲良くなって彼女が困っていたら助ける。親切にしてくれた男子生徒の事も恩を忘れずに同じように親切にする。二つ目は女性の味方は女性だと描写されるから。多分、原作者の実体験として法律の世界も男性優位社会でそれをさりげなく批判してるのでしょうね。続編があるようなので、primeで配信してくれたら嬉しいです。 続きを読む
単純なストーリーでしたが、主人公や登場人物に好感が持てます。当初、主人公はただの頭の弱いブロンドではなく、ファッションが好きだからファッションを勉強し、法律も好きになったから法律の勉強も頑張った女の子です。そしてブロンド仲間たちも、主人公が突然 勉強という「ダサい」ことを始めても、素直に協力して応援してくれます。いけすかないブロンドは一人もいない、優しく明るい世界でした。 続きを読む
 Amazon Primeで視聴させていただきました。 原作はアマンダ・ブラウンの同名小説です。これを読むと、実体験だったことがわかります。ただし進学先はコロンビア大学。 監督は、ロバート・ルケティック。 日本では2002年に公開されています。  ぼくはこの映画をもう4、5回観ています。一回目は映画を観るなら銀座がコスパがいい、ということで銀座の映画館で観て、それからDVDを購入し2、3回ほど鑑賞し、そして今回が最後の1回です。 とにかく面白いし、法律やアメリカの文化も学べるお得な映画となっています。 アメリカの文化といえば、西海岸がはっちゃけてて、東海岸は真面目だとか、ハーバードはやっぱり勝った負けたのエベレスト並みにプライドが高い人がたくさんいるとか、もちろんハーバードにだって日本と同じようにセクハラがあるとか依怙贔屓があるとか、ブロンドはバカと思われブルネットは賢いと思われるとか、アメリカの大学はそれこそ日本で取り入れようとしているソクラテス的問答法を随分前からやってるとか、宿題の量が半端じゃないとか、その宿題をやるのにグループを作って分担して何時間も取り組んでるとか、あるいはハーバードには賢いだけではないいろんな個性を持った人が集まるとか(レズビアン(?)と思われる女性学で博士号を取った女性やプリンストン大学を首席で卒業したIQ180の人とか、見るからにアスペルガーで2つの異なる分野の学位を取った人)。 主人公エル・ウッズはリサ・ウィザスプーンが演じていますが、これがまたかわいい! 一緒に観に行った女友達が、「ちょっとしゃくれてるけどね」とは言ったもののそこがまた見慣れてくるとチャーミングでかわいいです。ファッションセンスも抜群だし、髪型もかわいいです。 元彼のワーナーはマシュー・デイビスが演じていますが、これもまたかわいい感じの、というよりかっこかわいい感じの方です。映画中では顔は魅力的なんだけれど凡才で、甲斐性なしというレッテルを貼られることになってしまいます。 また、当初の恋敵役のヴィヴィアン・ケンジントンはセルマ・ブレアが演じているのですが、まぁ小憎らしい顔をわざと(?)作っていい演技をしています。いい味を出す脇役ですね。決して不美人なわけではないのですが、エルと比べると、そう、ダサいのです。でもワーナーはそのダサいのが妻としては申し分ないと考えているわけですが。 とりあえず観てください。文字では伝わりませんから。 損はさせません。テンポがいいし、退屈させません。 小難しいことを考える必要もありません。 テレビをつけっぱなしにするように、この映画を流しっぱなしにしてもいいくらいです。疲れないですから。 ぼくはまたもう一度この映画を観ることになるでしょう。 友人たちにもよく勧めています。『ブリジット・ジョーンズの日記』、そして『キューティー・ブロンド』はぼくのなかで洋画の双璧をなしています。 オススメです。 続きを読む
ストーリーが濃い、コメディーなんだけど、おバカな話でもないです。最後の法廷で、みんなが馬鹿にしているけど、詳しくしっている人は、何笑ってるの???って言う顔をするシーン、すごいですよね、馬鹿にしている自分達が無知だったっていうことになるんだもの。役者が結構凄いですよね、エル役の人って、ミュージシャン役のストーリーで凄く素敵な役やっていて、それもいい映画なんですよね、後、ハリポタのマコゴナガル先生役の人がここでも似たようなキャラの先生役なのも面白い。ポーレット役の方は、実は凄くセクシーで美人な役をしている憧れられる女性なのに、あんなになるなんて!!!なんかファッションや外見を整えることって侮ったらいけないかもって思ってしまましたし、みなさんの役の作り方とか凄いなって関心してしまいました。これを見て思う事は、偏見やいじめって言うのは本人に問題があるからじゃなくて、除外しようと言う意識を持ったもののサイコパス度によって起こるものただヴィヴィアンはエルを見直すけれど、現実ではありえあなかったりする、理由は、相手が羨ましい妬ましい、自分より勝っているものを持っていると感じる人間を嫌い、その人のせいで、イラつく気持ちをぶつけている状態で、自分がみじめで仕方ない人がする行為だから。そしてなおかつ相手がいい子で自分に仕返しをしてこない、自分は痛い目を見ないからと言う条件が必ずあるから。でも海外のストーリーなのでハッピーエンドでよかったでもワーナーみたいな男って日本は珍しくないのかもしれないね本当に最悪、それに加え、そう言う最悪な男に着く女がなぜか切れなかったりするんだよねwエルみたいな人って、差別されたり意地悪されたりするなって思った、見た目が華やかなのに性格がいいから、見た目が華やかでクソ性格悪い人はされないけど、性格がいいとされる。性格悪くていじめに会う人って居ないからね綺麗な人を馬鹿にしたりいじめたりする傾向って結構あるよね、あるサイトで、小児科に朝一番で来ていた母親がきちんとした服装で化粧していたって事を叩いていた人が居たから、叩いてる人は、子供が熱出していたらなりふり構わず駆け込むでしょ!って・・・でも良く考えたらね、きちんとしているお母さんは、早起きして身支度整えてるけど、叩いてるお母さんは、だらしなくて朝寝坊してるって事でもある、だから綺麗にしている人を叩くのはおかしいんだけど。それにしても、訴えられた先輩が、私服に着替えてメイクした時の美しさに本当に驚きました。凄く綺麗でセクシーで。あんなに変るなんて!!!身立ち並みちゃんとしようって思ったそれからセクハラや周りの偏見の件も凄く分かる、私は子供の頃から見た目が派手だって言われて、高校生で、みんな同じ服着て、メイクもしていないのに、そういわれ、バイトしても凄く目立つところに配置されたり、違う事に応募してたのに、きゃんギャルやらされたり、就職しても、受付とかで、本来稼げる仕事につきたいのに、なんか見た目を生かす仕事と言うつもりなんだろうけど、頭悪そうてきな事も言われたり、鼻から決め付けられたり。セクハラもそうだったな・・・本当にその当たり共感しました。ブスで地味な人は、なんの苦労をしてない悩みもないでしょって言われるけど、多分ただ地味な人より何倍も苦労して傷つけられて生きている気がします。それにブスとか地味って、変えられよ、でも元から派手な顔立ちを地味にするのって難しいブロンドじゃないだけよかったし、アメリカ行けば、そんな見方もされないんだろうから、ブロンド美人は凄く大変だなって思いました。私の場合ただ目立つってだけだからめんどくさい人を見め出判断したり、人の可能性を決め付けたりするのはいけないって言う事が凄くしっかりつまったストーリーですよね。2作目も見たことあるけど、この1作目が本当に最高です 続きを読む

MORE

 

PICK UP NEWS

NEWS

MORE
MORE
MORE